在宅ワークで生計を立てる上で最低限必要なこと

日本の労働形態の中で、近年急浮上して人気が高まっているのが在宅ワークです。在宅ワークは自宅で行う仕事のことです。自宅で電子部品の組み立てや洋服の繕いをするわけではありません。この仕事内容のメインはパソコン操作にあります。パソコン操作は最低限要求されるスキルです。ただ操作の仕方を知っているだけでは、たくさんの収益を上げることはできません。重要ポイントとして、タイピングスピードがあります。タイピングスピードとはキーボードを叩く速さのことです。キーボードを見ながら、人差し指でひとつひとつ叩いているようでは仕事になりません。10分間で600文字くらいは叩けるようになっておきたいところです。

在宅ワークの仕事はインターネットを経由してもらうことになります。そのため、基本的なインターネットの知識は身に付けておく必要があります。パソコンをインターネットに繋ぐとき、最も気をつけたいのはウイルスです。ウイルスにパソコンが侵食されると仕事になりません。パソコンからプライバシーが漏れ出る危険もあります。ウイルスソフトをパソコンに入れるなどして、しっかり対策をとる必要があるのです。仕事の連絡手段はメールがメインです。直接顔を合わせないぶん、メールの文章には最大限気を配る必要があります。一度人間関係がこじれてしまうと修復するのが非常に困難です。メールの受信欄は、毎日こまめに確認するようにします。

在宅ワークは基本個人事業主です。企業が率先してこの働き方を勧めているケースもなくはありませんが、ほんのごく一部の企業だけです。この働き方を目的に就職を目指すのは現実的ではありません。一定の金額を超えた収益を得ると、確定申告を行う必要があります。稼いだお金は全て所得です。所得税の対象となります。サラリーマンではないので自分で所得税の支払いの手続きを行わなければならないのです。与えられた仕事に関しては全責任を自分が負うことになります。個人事業主として責任ある行動が求められるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ