在宅ワーカーの会で気分転換しています

会社を辞めて在宅ワークに専念することにしましたが、在宅ワークをするようになってからは妙に人恋しくなってしまいました。独身の私は一人住まいですから、一日中一人で過ごすことになってしまい、ときには一度も喋ることなくその日を終えるということも珍しくありません。会社員だった頃は上司や同僚とコミュニケーションをとることを億劫がっていたものですが、今やあの日々を懐かしく感じてしまうほどです。

そこで最近私はコミュニケーション不足を解消するために、在宅ワークの会を自宅で開くことにしました。私が住んでいる土地はとある地方の山村なのですが、そこは山村のシリコンバレーとも呼ばれるほどに、ネット事業に携わっている人が多く住む地域です。村おこしの一環としてネットインフラを充実化させ、都会からネット事業者を誘致しているような先端的な山村なのです。ですから、この村には移住してきたネット技術者がたくさんいます。その中には私のように一人で在宅ワークをしている人もたくさんいます。そして、彼らの多くが私と同じように、在宅で仕事をすることへの孤独感を抱えています。だからこそ、そんな彼らを定期的に私の自宅に集わせ、一緒に仕事をしようと提案してみたのです。

在宅ワーカーの会は毎週水曜日に開催されます。その際には各自が料理や飲み物を持参して、さながらパーティーのように盛り上がりながら、銘々がそれぞれの仕事に励みます。仕事が佳境に迫っているときなどはちょっと煩く感じてしまうこともありますが、大抵の場合はその賑やかさに癒やされます。また、お互いの持っている情報や技術を交換することもできるので、在宅ワーカーが陥りがちな独断と偏見から免れることの助けにもなっています。この会を開催するようになってからというもの、私たちの事業収入は伸びる一方ですから、この会を開いてよかったのでしょう。

在宅ワークは技術さえあれば儲かる仕事ですが、ときには孤独感に悩むこともあります。そんなときは私のように在宅ワーカーの会を開いてみるとよいのではないでしょうか?きっと良い気分転換になると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ