在宅ワークの体験談

不労所得のコツはブログ!内職で稼ぐためのポイント3つ!!

不労所得のコツはブログ!内職で稼ぐためのポイント3つ!!

1.不労所得について

不労所得の作り方としては、いろいろな方法が考えられます。
やはり働いて給料を稼ぐというものよりは、できるだけ働かないでお金を稼ぐということに憧れている方も非常に多いでしょう。毎日の仕事に疲れている方であれば尚更です。

しかし、そういった不労所得は、そう簡単にはできるものではありません。アイデアや知識、実践力などが必要なので、それらを満たしたときに不労所得は発生します。
しかも、不労所得が発生しても、最初からそんなに大金は稼げません。

2.ブログを活用してお金を稼ぐ

どうしても、性質上時間がかかるので、大きな金額にするのも難しいですが、大きな金額になるとしても、それまでにはとても長い時間がかかることは知っておかないといけません。
不労所得を得るには、今の時代ですとやはりブログを使ったやり方が良いと思います。

ブログに記事を書いて、人を集めるのです。その集めたアクセス数はお金になりますから。
クリック保証型の広告の会社があるので、そこに登録をして、自分のブログに広告を載せます。

そして、集めたアクセス数に比例して、広告がクリックされるので、そのクリック数に応じた収入が手に入るという仕組みです。
これはブログを作って、更新を続けるだけですから、誰にでもすぐに始められます。

3.しっかりと知識を付けよう

そして、お金もかかりませんから、抵抗なく続けられます。しかし、誰がやっても成功するとは限りません。
もちろん、この不労所得の作り方で稼げる人は、ちゃんとした知識を持っている人で、それを実際に実践できた人です。

どういう知識が必要なのか?というと、どういう記事がアクセスを呼べるか?ということです。
それは記事のテーマ、内容などもそうですが、記事のタイトルや文章で使うキーワードなどにも気を配っていかないといけないので、非常に大変です。

まとめ

後は自分で続けていくうちに、アクセスの集まる記事テーマの選定方法、キーワードの種類などがわかってきます。
だから、やはり続けることが大切なのです。

最初は1円にもならないでしょうけど、記事の更新を続けているうちに、5円、10円、20円、そして100円など、時間の経過とともに、アクセス数、クリック数、収入が増えていきます。

成果が伸びてきていることを実感できると思います。
収入が少しずつでも伸びていければ、完全に軌道に乗った状態なので、後は同じ作業を続けていけば、さらに収入が伸びていくという仕組みになります。

不労所得の作り方として、こういった方法が1つあるので、自分で勉強しながら、記事を書くことを続けながら、実践していくと本当にそれなりの金額の不労所得が得られるかもしれません。

チャットレディを始めると実生活でもモテる?

チャットレディは男性相手にちょっとエッチな会話をしなくてはいけないお仕事なのかもと思っている人が少なくありませんが、実際はかなり違います。

もちろんそういった事を期待してチャットをしている男性もいるのですが、それはごく一部のことで大半は女性と会話を楽しみたい、恋人感覚でおしゃべりしたいという人がほとんどです。

だからチャットレディを運営している会社では、アダルトNGとしているところも少なくありません。だからそういったところを選ぶと嫌な思いをせずにお仕事できます。

そんなに普通のおしゃべりだけでいいのと思う人もいるかもしれませんが、男性は自分の話に興味をもってもらって誉めてもらうのが大好きです。楽しく気分良く話ができると、また話を聞いてもらいたいと指名してくれます。意外と簡単に出来るのがチャットレディなのです。

興味があるけれど自分の顔やスタイルに自信がないから出来ないという人もいますが、男性が見ているのはそれだけではありません。女の子らしい可愛いしぐさや清潔感、少し頼りない感じにグッとくる男性も少なくありません。また若い女性よりも少し年齢を重ねた女性に魅力を感じるという人もいます。

好みは色々なので、自分を可愛く見せる方法を研究してみたり話し方を研究してみると人気が出てきます。

チャットレディを始めてから実生活でももてるようになったという人もいます。自分の魅力が何かをしっかり見つけて活用できる人がチャットでも実生活でも人気があるんです。

チャットレディは簡単に始めることができるのが魅力ですが、その他にも空いた時間にできるというメリットもあります。しかも中には正社員で働くよりもずっと稼いでいる女性も少なくありません。

女性の社会進出が進んでいるといっても、まだまだお給料は男性に及ばないとか結婚などで辞めてしまうと次に働き出そうと思っても条件がぐんと悪くなってしまいます。再就職先を探すよりもチャットで稼ぐほうがはるかに効率的かもしれません。”

主婦の新しい働き方の在宅ワーク

内職をしたことのある人は、あまりお金が稼げないことにがっかりしたことはないでしょうか。一時間しっかり頑張っても数十円から数百円、そしてその出来上がった商品を会社に運んだりの手間がある割りにはあまり稼げません。小さい子どもがいる主婦や外で働けない人にとっては家庭でできる仕事はありがたいのですが、小銭稼ぎしか出来ないのはあまり現実的ではありませんね。

子どもが小さいうちに働きたいと思っていても保育園の問題や、かかる費用がネックで節約しながら子どもの成長を待っているという主婦の方も多いです。そんな主婦の新しい働き方として注目されているのが在宅ワークです。その名の通り、家に居ながらにしてできる仕事で、その仕事先、種類は多岐に渡ります。ウェブ上にある仕事の中から自分ができる仕事を選んでこなし、仕事の納品から報酬の受け取りまで全て在宅のまますることができます。ですから小さい子どもがいてなかなか自由に出歩けない主婦でも始めることができますし、内職のように一日に何時間も拘束されたり内職の商品で場所を取ることもありません。多くの在宅ワークはパソコン1台で完結しますので、リビングで遊ぶ子どもを見守りながら仕事をすることも出来ます。やんちゃで手のかかる子どもがいる主婦でも、お昼ねタイムを利用して1日1時間だけなど自分のライフスタイルに合わせて働くことができる、働くサイドに有利な仕事を選びやすい職業ともいえます。

在宅ワークは内職ほど低価格の仕事はありません。その分、内職より特定ジャンルの知識や技術は必要とはされますが、時間のある主婦のうちに勉強して在宅ワークの準備をすることだってできますね。最初は数千円から1万円程度、慣れてきたら月に数万円を稼ぐこともできます。家計の足しにもできますし、これからかかる教育費などを貯めていくこともできますね。保育料を払って子どもと離れて仕事をするのも勿論良いですけれど、家で子どもの成長を見守りながら仕事ができれば保育料というコストを削減することもできますし、育児も楽しみたいと思っているお母さんからしたら嬉しい仕事ですね。

カスタムハイエースで在宅ワーク

私は日本全国を移動しながら在宅ワークをしています。移動しながら在宅ワーク?何言ってんだこの野郎と怒られそうですが、本当です。なぜなら私は改造されたハイエースに住んでいるからです。私のハイエースはただのハイエースではありません。寝泊まりできるようにベッドを、仕事ができるようにデスクを取り付けた、こだわりのカスタムハイエースです。この車があれば、旅をしながら在宅ワークするのも造作ありません。旅と在宅ワーク。この一見すると矛盾する2つの言葉を見事に和解させたマジックアイテムこそ、我が愛しのカスタムハイエースなのです。

私の仕事はと言えばライターです。頼まれれば何でも書きますが、ライフワークとして自らに課しているのが日本全国の伝統工芸をレポートすることです。若いころに伝統工芸のぬくもりに魅せられた私ですが、いつの頃からか伝統工芸について書くことによって食っていきたいと考えるようになりました。そして、ある日、自己流にカスタマイズされたハイエースの写真を見て、これだ!と思ったのです。いわばキャンピングカーのような仕様にカスタムしたハイエースがあれば、日本全国を旅しながら仕事をすることができるようになるのではないか。こんな車があれば、日本の伝統工芸を隈なくレポートするという私の夢が叶えられる。そんなふうに胸がドキドキしました。そして、プロのハイエースカスタマイザーの助けを借りつつ、私の理想のハイエースを作り上げたのです。

現在はこのハイエースに乗って、北海道から南下しながら、各地の伝統工芸を取材しています。その成果は雑誌媒体に発表したり、私のアフィリエイトブログに掲載しています。具なレポートが好評を博し、テレビ出演も依頼されるようになりました。旅と在宅ワークを両立させた伝統工芸ライターとして一般に認知されるようになってきたのです。この旅の成果は、いずれ一冊の本にも収めたいと思っています。いつの日か書店で見かけたら、是非お手にとって下さい!

在宅ワークにとってもランチの時間は大切

このたび会社を退職して独立しました私は、ただいま在宅ワークを絶賛満喫中です。会社員の頃は朝の6時に起きては満員電車に揺られ、夜の9時まで働いてはただ寝るためだけに家に帰る、そんな生活を送っていましたが、今やマイペースで一日を我が家で過ごす毎日。こんな長閑な日々が送れるとは会社員の頃は思いも寄りませんでした。在宅ワークさまさまです。

とはいえ、食っていくためには働かなければなりません。在宅ワークといえども毎日忙しく働くのは同じ。朝から晩までそれなりにあたふたすることもあります。とりわけ納品前はてんやわんやで、ろくろく睡眠時間がとれないこともざらではありません。しかしながら、やはり会社員だった頃に比べれば飛躍的にゆとりはあって、やはり退職してよかったな~という思いは変わりません。もっとも現在は仕事が安定しているからそう思えるのであって、この先どうなるかは分かりませんが。どうかこのまま上手いこと事が運ぶようにと祈っています。

ところで、在宅ワークといえば問題は昼食です。会社員の頃はランチが唯一の楽しみと言ってもいいくらいで、昼休みはいろいろな飲食店を巡り歩いたものです。私の職場は中央線の荻窪駅にあったのですが、そこは個性的な飲食店に恵まれた土地で、食べることを大いに楽しめる場所でした。しかし、今は自宅で過ごす毎日。しかも近所にはさして見栄えのする飲食店はありません。そのため昼どきだからといって出かける気にもなれず、ランチはもっぱら家飯と決めています。そのため、以前は外食三昧な私でしたが、今や趣味が料理となってしまいました。和洋中、なんでも作ります。

在宅ワークにとって昼飯は肝です。一日の仕事を完遂するためには充実したランチが不可欠です。美味しいものを食べると心がほぐれ、よし頑張るぞと気持ちを入れなおすことができます。コンビニの弁当ではそうはいきません。それゆえ、仕事時間を少々犠牲にすることになっても自炊には力を入れるようにしています。結婚するまでは、こんな生活が続くのかな?まあ、よしとしましょう。

これまでの在宅ワークの中で一番おもしろかった仕事

私は在宅ワークで生計をたてていますので、いろんな仕事をしましたが、先日とてもおもしろい仕事がありました。いつも利用している在宅ワークを紹介するサイトに応募して仕事を得たのですが、ちょっと変わっていたのです。クライアントは初めての人で、サイトに書かれていたのはあたり触りのない仕事内容でした。しかし仕事を終えて納品したあと、クライアントから連絡がきました。「お疲れ様でした。追加でもう一つ仕事をしてくれませんか」というのです。そういうことはよくあるのです。が、内容をきいて驚きました。「インターネットゲームで遊び、レベルを上げて特定のギルドに参加する」というものでしたから。

最初はバグを探すためのテストプレーヤーの仕事というのは在宅ワークでもたまにあるのですが、そうではなく、当時流行っていたゲームでした。一般のプレーヤーとして遊んでくれというのです。実は私もちょっと興味があったゲームでしたので、そんなことでお金をもらえるのならと喜んで引き受けました。遊んでお金がもらえるなんて夢のようではありませんか?もちろん、なぜそんなことにお金を払う人がいるのか疑問に感じましたが、世の中変わった人もいるのだと思うようにしまいした。

が、思った以上に大変でした。クライアントはこの仕事にいくつかの条件をつけていました。
「職業は僧侶」
「名前は●●、女性キャラにすること」
「容姿は…」
などなど。
そのあたりは簡単なのですが、
「3日以内にレベル30まで上げること」
というものもあったのです。
レベル上げというものは数をこなさなければいけない単純作業です。面倒くさかったですが、これも仕事と思ってやりました。単純作業は在宅ワークを始めてだんだん得意になりましたから。幸いそれはおもしろいゲ^ムでしたので苦になりませんでした。目標を達成するとクライアントに連絡し、それで終わりでした。これが私の在宅ワークの中で一番不思議で、おもしろかった仕事です。